読んだ本のまとめ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽しく稼ぐ本 日垣隆 岡本吏郎 大和書房

<<   作成日時 : 2010/11/28 07:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


楽しく稼ぐ本 (だいわ文庫)
大和書房
日垣 隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 楽しく稼ぐ本 (だいわ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日垣氏の本は、
よく読みます。

ホンネで語られている部分が爽快だったり、
常識をひっくり返すような論点があったりして、
楽しめます。


本書の中では、
品物値段の決め方について書かれている部分が面白かったです。


消費は自己表現なんです。ですからコモディティー以外の商品の価格は、絶対に高いほうがいい。
p60


たとえば商品を出すときに、5000円と5万円があるとしたら、それ以外にもうひとつ、たとえば50万円のものを作っておくと面白いです。
5000円と5万円の商品を並べておくと、5万円のもののほうが売れます。
さらにそこに50万円のものを加えると、すぐには売れないけど、いずれ売れる。
その市場に向けに改良する必要はありますが。
p66


など。

商品の値段といのは売る側にとっては、
コスト+利益、
なのでしょうが、
買う側にとっては、、
品物の価値の証明、
だったりするわけです。

むしろ高いほうがいい場合もある、
ということについては、
勉強になりました。


それから、

コンプリート癖のある人が多いので、シリーズものを作っておくと、客単価がどんどんあがっていくのです。
p115


今は自己愛型社会になっていますから、みんな関心が自分の体に向かっている。
パーソナルトレーナーのニーズとかがこれから高まってくるはずです。
p133


クレームを言う一割の客は、自分たちのエネルギーの5割を奪う。
p146


人間というのは、うまくいかなくなると、さらに同じことを繰り返す動物なんです。
p170


困れば困るほど「現状維持」の罠にはまる。
p178


など、
ほかにも参考になりそうな部分がたくさんありました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽しく稼ぐ本 日垣隆 岡本吏郎 大和書房 読んだ本のまとめ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる