読んだ本のまとめ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 目立つ力 勝間和代

<<   作成日時 : 2011/02/24 17:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


目立つ力 (小学館101新書 49)
小学館
勝間 和代

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 目立つ力 (小学館101新書 49) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ブログを書くことの勧めと、
ブログの書き方、
ブログを書くときの心構え、
などについて書かれた本だと思いました。

その手の入門書としては、
コンパクトで良書だと思います。

本書にある「目立つ力」とは、
要約してみると、
人とは違うことをして、
(もしくはすでに人とは違うことをしていたら)
そのことを詳しくブログに書く、
ということになるのでしょう。


勝間さんの本は好きでよく読みますが、
勝間さんの新書の傾向としては、
ノウハウがわかりやすく書かれている、
というメリットがあると思いますが、
より多くの人に理解され実行されやすいようにややエッジは控えめ、
のような気もします。


最後に、
面白いブログ・コンテンツを書くための20のルール、
としてまとめられた項目と、
その内容の一部を抜粋しておきます。



1 スクローズせずに読める長さで週に1回は書く

2 1話完結を目指す

3 既存のメディアにできない付加価値をつける
 ブログは、既存のメディアにできない部分、すなわちリンクやリッチコンテンツを徹底的に使わなくてはいけません

4 行間をたくさん空けることを厭わない

5 文字の形や色選びには意味がある

6 最初の二行を選ぶ

7 自分らしさのでる文章をわかりやすく

8 「わかる、わかる」という内容で

9 「自分の事例」「アンソロジー形式」を利用して、親しみを持たせる
 結局、ブログのコンテンツは、ブログの書き込みをした人の体験を私たちが疑似体験できる、というのがいちばん  わかりやすくて、面白い「キラーコンテンツ」なのです。p156

10 「私の変わりに○○してくれて、ありがとう」ブログを目指す

11 文章力はいらない

12 ふだんから面白く話している人のまねをする

13 役に立つフレーズを入れる

14 共通体験、流通している言葉を使う

15 コンテンツとしてのアフィリエイトと広告を利用する

16 コンテンツ力と編集力を重視する
 編集力の大事なところは、余分な情報はなるべく削る、ということもあります。

17 RSSリーダー対策

18 ホッテントリメーカーなどを使ってみる

19 コンテンツ作成上のルールを守る

20 読んでくださっている人への、感謝の気持ちを忘れない。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
現役プロライターの坂田です。

Amazonで文章悩み解決の
DVDも販売しているのですが
この本は、知りませんでした。
いい情報をありがとうございます!

また遊びにこさせていただきます!
※アメブロしてます。
 よかったら遊びにきてくださいね〜。
http://ameblo.jp/caregood/
坂田
2011/02/25 01:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
目立つ力 勝間和代 読んだ本のまとめ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる