読んだ本のまとめ 

アクセスカウンタ

zoom RSS Facebook使いこなし術 根岸智幸

<<   作成日時 : 2011/05/21 06:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


facebook使いこなし術 パワーユーザーが明かす「楽しむ秘訣」 (アスキー新書)
アスキー・メディアワークス
根岸智幸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by facebook使いこなし術 パワーユーザーが明かす「楽しむ秘訣」 (アスキー新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



フェイスブック入門としては、
良い本だと思う。


私としては3年前くらいに、
フェイスブックは登録だけしてあったけど、
最近までほとんど使っていなかった。

フェイスブックはツイッターよりも高機能だと思うけど、
その分敷居が高い。

最初は、
ニュースフィードとウォールの違いも、
良くわからなかったりした。

なのでこの本を買って勉強してみた。


本書より、
ウォールについて。

ウォールが自分専用の掲示板かというと、そうではない。ユーザー登録時のプライバシー設定では、「友達からのウォールへの投稿を許可する」という設定になっている。だから友達なら誰でもあなたのウォールへ投稿できるし、あなたも友達のウォールに投稿することができる。p54

ニュースフィードについて。

ニュースフィードとは、自分や友達のウォールに書き込まれた内容を新しい順に表示してくれる、ニュースリーダーのようなものだ。p57

これだけ読んでも、
いまいちピンとこないが。

使ってみるのが、
一番手っ取り早いのだろう。


本書によると、
フェイスブックの面白さは、

結局ツイッターと同じで人間がコンテンツなのだから、ニュースフィードの向こう側にどれだけ面白い人がいるかどうかが、フェイスブックの面白さを決める唯一最大の要素だったのだ。p83

ということらしい。

私としてはまだ、
直接知っているヒトしか、
フェイスブックの友達の登録をしていないので、
コンテンツ自体が少なめ。

ツイッターの方が、
よく利用しているな。


ちなみに本書には、
続編も出ている。


facebookもっと使いこなし術 アプリ&新メッセージシステム編 (アスキー新書)
アスキー・メディアワークス
根岸智幸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by facebookもっと使いこなし術 アプリ&新メッセージシステム編 (アスキー新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Facebook使いこなし術 根岸智幸 読んだ本のまとめ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる