読んだ本のまとめ 

アクセスカウンタ

zoom RSS ランニングの作法 ゼロからフルマラソンを完走を目指す75の知恵 中野ジェームズ修一

<<   作成日時 : 2011/06/20 05:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ランニングの作法 ゼロからフルマラソン完走を目指す75の知恵 (ソフトバンク新書)
ソフトバンククリエイティブ
中野 ジェームズ 修一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ランニングの作法 ゼロからフルマラソン完走を目指す75の知恵 (ソフトバンク新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ランニングの入門書。

ランニングについて、
誰かにちょっとしたアドバイスをしたり、
練習方法について相談したりする機会がたまにあるので、
自分の知識をリフレッシュしたいと思って読んだ。


この本の中では、
ランニングをすると起こりやすい怪我や、
その予防のために鍛えるべき筋肉についてなどの知識の部分は、
特に大切だなと思った。

練習をつむと、
どこかで出くわすことだろうから。



参考になったところの抜粋。

私の経験からすると、「足裏の真ん中で着地しよう」と意識してあげると、ナチュラルな踵着地ができるパターンが多いようです。p27

この本では「踵着地」を基本としているけど、
この部分を読むと、
最近よく言われる、
「足裏全面着地」に近いイメージだと思う。



呼吸では吸うことは考えなくて大丈夫。息を吐いたら、自然に空気は灰に入ってきます。p38

呼吸の出発は吐くことから。

いろいろな呼吸法においても、
吐くことにポイントが置かれる場合は、
多いと思う。



エネルギー源の切り替えは「何分続けたか」ではなく「どのくらいの強さの運動をしているか」で決まります。p43

これも、
わりと新しい知識ですね。



私が所属しているアメリカスポーツ医学会の報告によると「一緒に運動する人がいると運動の継続率はおよそ80%になる」とされています。p62

運動を続けるためのコツの部分。



アメリカ合衆国のブッシュ政権で第66代国務長官を務めたコンドリーザ・ライスさんは、国務長官時代も毎日走っていたそうです。p75

忙しいことは、
言い訳にはなりません。



走り出す前にストレッチをすると、ケガのリスクが高くなります。p116

これも、
わりと多くの人が間違って覚えていると思う。

準備体操としてスタティックストレッチをするのは、
おかしい。



ケガの予防のために、
簡単にできるエクササイズ。

太ももやふくらはぎはランナーが好んでストレッチする部位ですが、着地した瞬間に強い衝撃を受ける足裏をストレッチしているひとは少ないようです。忘れずに毎回ケアしてください。
やり方はとても簡単。正座をして爪先立ちになり、足裏をぐっと伸ばすだけでOKです。p126

椅子に坐った状態でつま先を上げるトレーニングをするだけでもシンスプリントの予防になります。p130

膝下の筋肉のトレーニングには、つま先立ちで踵を上下する「カーフレイズ」というエクササイズも効果的です。
p152

股関節のずれを修正するには、太ももの外側の筋肉をストレッチで緩めて、太ももの内側の筋肉を鍛えるトレーニングを行います。p156

5本指を機能的に使う「ランニング足」を作るために有効なのは、「足指ジャンケン」でのトレーニング。
p200







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランニングの作法 ゼロからフルマラソンを完走を目指す75の知恵 中野ジェームズ修一 読んだ本のまとめ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる