読んだ本のまとめ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 口コミ伝染病 神田昌典

<<   作成日時 : 2011/06/24 06:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム
フォレスト出版
神田 昌典

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この本にあるようなことを考えれば、
口コミは狙って起こせるものなんだな、
ということがわかりました。

口コミの要素として最も大切な部分は、
「期待と現実とのギャップ」
なのだと思います。


現在では、
口コミの競争率も上がっていて、
意図しても口コミが起きない場合もあるでしょうから、
より巧妙に、
口コミを仕掛けないといけないのかもしれません。

消費者としては、
狙って起こされた口コミよりも、
意図せずに起きた口コミの方が、
望むところなのかもしれませんが。


本書のなかから参考になった部分は、

成熟期の業界に参入する場合には、単品で切り込んで、効果的に顧客リストを集める。その後に、商材の幅を広げる。これが効果的な戦略になっている。p45

個人のとるべき戦略でもあると思う。


このように期待と現実とのギャップがある体験―劇的な体験―が起こったとき、お客は違いを認識する。その違いが大きくなればなるほど、感情のバランスが崩れる。その崩れたバランスを回復するために、人に話したくなる。話さないと、どうにも落ち着かない。これが口コミの原動力だ。p63

これが、
口コミの起こる核心部分だと思う。


お客を理解しようと、ほんのちょっとの努力をするだけでいい。それで、共感が生まれる。なぜなら、ほとんどの会社は、自分の商品を自慢するのに忙しい。客の立場に立って考えよう、という標語は唱えるが、そのための具体的な質問ができない。
共感というのは、何年もかかって得るものではない。一瞬のうちに生まれるものである。
怒り、不満、不安、嫉妬、夢、喜びというお客の感情に、ほんの少しの時間、想いを寄せられるかどうかの違いである。p124


共感は一瞬で生まれる、
というのは、
目からうろこの発想だった。


どんなものでも、どんな会社でも、必ず需要と供給がある。そこで供給を絞れば、行列ができる。どころが多くの会社は、商品を無制限に供給できるとの印象をお客に与えてしまう。p134

手に入りにくいほうが、
欲しくなる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
口コミ伝染病 神田昌典 読んだ本のまとめ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる