読んだ本のまとめ 

アクセスカウンタ

zoom RSS アイデアを形にして伝える技術 原尻淳一

<<   作成日時 : 2011/09/05 06:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


アイデアを形にして伝える技術 (講談社現代新書)
講談社
原尻 淳一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アイデアを形にして伝える技術 (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




アイデアのひらめき方から、
それを発信する方法まで。

著者の実行する方法なので、
具体的。

試してみようと思うことが、
いくつかあった。



特に参考になったと思うところ。


情報とアイデアをえる方法について。

データや他人の話だけでは、決して本質に近づけません。p28

たくさん本をよんでからフィールドワークに出かけると、どうしても「本の内容を確かめたい、検証しよう」とする意識が生まれてしまうp30

参与観察は思い込みや偏見を修正し、意外な発見や新たな仮説を導くのに役立ちます。p34

すでに関係のある「身内リサーチ」が、実は仮説出しでは最も効率のいい方法です。p37





情報やアイディアを得るための、
ウェブの活用。

国立情報学研究所の高野明彦さんを中心に開発されたWebcat Plusには、この「連想検索」という画期的な発想が取り込まれています。p60

多角的に本とその内容を検索できる『想 IMAGINE Book Search』というブックナビゲーションをフル活用しましょう。p60

私はTEDを特にビジネスマンにおすすめしたいのですが、その理由はプレゼンテーション・パフォーマンスの素晴らしさから。世界最高峰のプレゼンテーション・データベースだと言っても過言ではないからです。p66

「英語画像検索」は、同じ内容でも、国によって発想が異なるため、驚きや発見があります。p68

CiNii(サイニイ):論文情報ナビゲータ
サイニイは日本の学術論文を中心にした論分情報を提供するシステムで、これから自分が取り組みたい研究テーマの先行事例を検索するのに有効です。p72

Nii−DBR:学術研究データベース
学術研究データベースリポジトリでは、国内の学会、研究者、図書館等が作成している、さまざまな専門分野のデータベースを、各データベースを個別も、複数のデータベースを同時にも検索することができます。p73

世界中の先行研究のリサーチを行う場合、特に自然科学系のデータベースは素晴らしく、主な集積としては、物理学、数学、計算機科学などの領域であれば、コーネル大学図書館が運営元となっている「arXiv.org」(アーカイヴ)が、生物学・医学・化学分野であれば「Nature Precedings」が有名です。p73




文章の書き方。

通常は「同じ言葉を同じ文や段落で繰り返さないで、別の言葉に言い換えろ」と教えられますが、わたしは逆だと思います。「同じ意味で違う言葉を多様に使わず、一つの言葉に統一する」ことがわかりやすさにつながります。p137

確かにそうかもしれないと思った。




プレゼンテーションにおけるつかみ。

つかみのコツは、ひと言でいえば「場を編集する」ということです。場に固有の情報を話に入れ込み、共感醸成をはかるのです。
たとえば、プレゼンテーションする場所の情報をつかみに織り交ぜるというのは定番の技法です。p197

日本語でのプレゼンテーションで見ていただきたいのは、MITメディアラボの副所長をしている石井裕さんのUstreamにアップされている講演です。p200




自分を表現するということについて。

自分ブランドとは、自己の表現活動を通じて、他者が認めた自身の価値の総体です。いくら専門知識を持っていたとしても、何らかの形で表現し、認められなければその人の価値は形成されません。ですから、自分がブランドになるためには、若いうちから自己表現力を徹底して鍛えるべきです。p183

今ほど個人が情報を発信できる時代は有史以来ありませんでした。やるか、やらないかは個人の選択次第。情報感度の高さと収集力に加えて、アイデア発想力と行動力があれば、人生を簡単に左右してしまう時代です。p202


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイデアを形にして伝える技術 原尻淳一 読んだ本のまとめ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる