読んだ本のまとめ 

アクセスカウンタ

zoom RSS いちばんわかりやすい電子書籍の本 山本高樹、 栗原亮

<<   作成日時 : 2012/11/07 17:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



電子書籍の読み方から、
書き方、作り方、
そして売り方まで。

基本的なことを知るには良い本だと思いました。

それにプラスして、
電子書籍を書いてみたいという気持ちを、
後押ししてくれるような記述もあります。

本文19頁より抜粋。

本とは、単に売れればそれでいいというものではありません。世の中には、本当にさまざまな種類の本が存在します。中には、ごうわずかの人にしか読まれない本もあるでしょう。でも、たとえほんのひと握りでも、その本を求めている人が、この世のどこかにいるはずです。その人のもとに本を届けて、読んでもらって、ほんの少しでも心を動かすこと。それが、本というものの存在価値なのです。



本書より参考になったと思うところ。


電子書籍の内容の書き方や推敲について。

本全体を小分けにして、各部分の内容を表す簡単な項目を、箇条書きにして書き出していくp42

一冊の本の「最初の一行」と「最後の一行」は、読者に対するその本の印象を大きく左右する、大切な要素です。p47

「ちょっと浅めの知り合い」の人が呼んでも違和感を感じないような文体で書くことを考えるp48

リズムのある文章を書けるようになる一番の近道は、自分で書いた文章を声に出して読んでみることです。p55

遂行作業の際は、草稿を書き上げてから数日か一週間ほど、冷却期間を置くようにするといいでしょう。p62


ポイントを絞って具体的に書かれているので、
やってみようと思いました。



電子書籍の作り方については、
主にSigilというフリーソフトと、
ワードを使った方法が書かれています。

sigil - The EPUB Editor - Google Project Hosting
Sigil p105



電子書籍の画像について。

電子書籍に適した画像サイズ 長編が800か1024 p91



電子書籍の各種フォーマットと、
そのメリットデメリットについて。

EPUB 
Web技術を元にしており汎用性が高い 
レイアウトの自由度が高い 
iPad パソコン スマートフォン

PDF 
パソコンでも用いられる 
レイアウトの自由度が高い リーダーでの文字のサイズが変更できない 
iPad パソコン スマートフォン

AZW 
テキストの読み上げなど独自拡張が使える 
AmazonのKindle向けの独自仕様 
Kindle iPad スマートフォンなど

.book 
携帯電話でも見られる日本で進化した独自企画 
専用リーダー「T-Time」が必要 
iPad パソコン スマートフォンなど

XMDF 
シャープ開発の独自企画 縦書きの表示など日本語に強い
iPadなどの主要なリーダーが未対応 
GALAPAGOS スマートフォンなど


EPUBでやってみようと思います。



電子書籍の販売について。

いくつか紹介されていましたが、
パブーというサイトでやってみようと思いました。

ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いちばんわかりやすい電子書籍の本 山本高樹、 栗原亮 読んだ本のまとめ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる