読んだ本のまとめ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 90日で鬼のように儲けるブログ術

<<   作成日時 : 2012/11/15 07:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



ブログを書いて商品を売るコツについて書かれた本。

この手の本にしては古いので(2006年刊)、
参考になるのは具体的な技術よりも、
基本的な考え方の部分だな。



本書より、
参考になったと思うところを以下に抜粋。


得意分野選択のポイント
@自分の強みが活かせる(情熱をもって取り組める)分野
A多くの人が興味を持つ(他人の役に立つ)分野
B競合他社が少なく、需要が高い分野p40


これは、
どんな商売においても変わらないことだろうな。



「経営の神さま」といわれた松下幸之助さんは、「世の中に与えた10分の1のものが、自分に利益としてかえってくる」と言われたそうです。p49

もう一度、

10分の1。



商品そのものを一生懸命説明しても、まったく売れません。
商品の先にある、「夢」「ワクワク感」「問題解決法」「お得感」などを明確にして情報発信してください。p51

商品の先にあるものを説明してお客さまの心をとらえたら、次は、
「あなたがなぜブログで情報発信しているのか」
「なぜ商品を販売したいのか」
その熱い思いをお客さまに伝えてください。p53


モノ売るのにも理由がいる。

その理由は、

儲けたい!

ではダメなのだと思う。

大切なのは、

買ってくれる人を幸せにしたい!

ということなんじゃないかな。



毎日読みたいと思うブログと思わないブログの違いを考えてほしいp79

私がついつい読んでしまうブログは、
例えばこういうもの。

レゴテクニック:レゴブロック初心者が、上級者向けテクニック「4WDクローラー」に挑戦してみた!! (1/5) - ITmedia ガジェット

このようなブログ記事を、
ついつい読んでしまう理由は、
その人の体験したことが丁寧に語られているということだと思う。

読んだ人が疑似体験できるようなブログ記事。

私もそういうものを目指したいなと、
最近、ちょっと思っている。




身銭を切ってお客さまの視点で商品をみてみないと、わからないことが本当に多いp191

これは確かにそうだなと思う。

そして、
自分で買って使ってみても、
その商品に対する感想はだんだんと変化していく。

買ってすぐに商品の感想を書こうとすると、
買ったこと自体ですこし興奮状態にあるため、
過剰に良いことばかり書いてしまう傾向がある。

しばらく使って、
じっくり考えて書いた感想のほうが、
読む人にとっては参考になるだろう。

ただ、

ついに買ったった!

という自分の喜びを書きたいのなら、
手に入れてすぐに書いてもいいと思う。

しかし、
自分の感情について主に書いたような記事は、
よほど文章がうまいか、
よほど有名人でない限りは、
読んでもらえないだろう。




商品を売りながら、その収入を読者増のために投資するp220

きちんと投資ができるかどうかが、
プロと素人の大きな違いだろう。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
90日で鬼のように儲けるブログ術 読んだ本のまとめ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる