レバレッジ・シンキング 本田直之 東洋経済

少ない労力と時間で大きな成果を獲得する、
というコンセプトの、レバレッジシリーズ。

本書は、
そのレバレッジシリーズのまとめ的な本だと思う。

このシリーズ本の内容が、
特に斬新、ということでもないと思うが、
レバレッジ、(てこ)
というカタカナ英語を使ったことが、
発明だったと思う。



ちょっと皮肉を書いてしまったが、
私はレバレッジシリーズを、たいてい読んでいる。


そして、
レバッレッジリーディングで紹介されていた、
レバレッジメモ(本の中で重要だと思うところの抜粋してまとめたもの)を、
私もせっせと作ってみているし、
マニュアル化とか、
そのほかのノウハウのいくつかも、
試してみている。




で、本書は、
労力のレバレッジ、
時間のレバレッジ、
知識のレバレッジ、
人脈のレバレッジ、
という四項目でまとめられ、
いつものように、それぞれに、
すぐに役に立ちそうなことが書いてある。




本書を読んで、
私としては、

労力のレバレッジでは、
仕事を、仕組み化、マニュアル化すること、
と、
成功への鍵を握る要素を見抜くこと、
と、
逆算発想でチェックリストを作ること、
を、

時間のレバレッジでは、
行動する前に計画をたてること、
を、

知識のレバレッジでは、
前例を本から学びそれを実践すること、
を、

人脈のレバレッジでは、
まず自分が他者に有用な人間になること、
を、

それぞれ心がけようと思った。





まあ、
すべてのレバレッジシリーズを通してもっとも大切なことは、

ゴールを明確にイメージすること、

なのであって、
私にはそのへんがまだあいまいだから、
そんな状態でノウハウばかり学んでも駄目なのだろうと、
思おもったりもするけど。







レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
東洋経済新報社
本田 直之

ユーザレビュー:
構造そのものがレバレ ...
手元において何度も読 ...
オススメです。新入社 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック