すぐに稼げる文章術  日垣隆  幻冬社新書

文章の結論は、少し飛躍させたほうがしまりがよくなります。p18
って。

飛躍していいだ!
と、
気づいた。

飛躍しちゃいけない、
というように、
学校などで文章を書くときには教わったような気がするので。


そのほかにも、
他人に読んでもらえる文章を書くコツが、
鋭くまとめられていると思った。

具体的には、
読ませるための7つのポイント
自分の体験や検分を挙げてみる
現在起きている例を3つ程度は挙げてみる
横軸としての比較
縦軸としての歴史検証
反論を想定する
論点を整理する
できたら専門家の意見も取り入れてみる
p36

などなど。




しかしながら、
何かが上達し、うまくなるという領域に入るためには、ピアノでも何でも最低1万時間は取り組む必要があるといわれています。
p134

ということでもあるので、
タイトルの、
すぐに稼げる、
という部分は、
リップサービスかもしれません。


それでも、本書の言葉を信じて、
あっと数千時間ほど書いたら、私も文章で稼げるようになるかもしれない、
と、念じつつ、
今後もブログを書いていこうと思いました。





すぐに稼げる文章術 (幻冬舎新書)
幻冬舎
日垣 隆

ユーザレビュー:
意外な人が意外な内容 ...
現実問題として書くた ...
結構楽しく読めました ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック