勝てる子供の脳  吉田たかよし 角川書店





子育てをするにあたっては、
読んでおくと良い本だと思いました。

自分の子供には、
別に、勝たなくてもいいと思うのですが、
考えられる人には成長してほしいと思っています。

そのために必要なポイントとして参考になることが、
書いてあるなと思いました。



最近すき放題やっている自分の子供に対して、
わがままいっぱいの子供になったらどうしよう、
とか不安に思ったりもしていたのですが、

”幼いうちからまじめで落ち着きがありすぎる子供の脳は、成長段階で伸びにくい。”
p45

”親が自分の願望を押し付けようとすればするほど、子供は自分の脳を働かせなくなってしまう。”
p47

”子供が落ち着きが無いのは、脳の発達システムとしてわざとそうなっている。”
p55

というような部分を読んで、
少しほっとしたりもしました。



それから、

”「子供に対する問いかけを増やすこと」、そして子供からの問いかけがあったときには「ちゃんと反応をしてあげること」の二点です。”

と書かれた部分では、
確かにそうだろうと思いました。

できるだけそのようにしてあげたいと思います。



そして、

”子供の集中力を上げるには、親と向かい合い、そうして、子供が親に何かを伝える楽しみを感じたり、親と感情のやりとりをしてワクワクドキドキできる環境をつくってあげることが重要です。”
P134

ということで、
そのために、

”勉強部屋は作らず、居間のテーブルで親に向かって勉強させていたほうが子供の脳にとってははるかにメリットが大きい”
P129

ということですので、
このところもできる限りまねしてみようと思いました。



家が狭くて、必然的に居間で勉強するしかない、
という状況が、
ほんとのところかもしれませんが。




この記事へのコメント

ブリックス株式会社
2011年11月18日 18:33
吉田たかよし氏最新刊「脳が喜ぶ!ホメ上手!」発売です

HP上に立ち読みコーナー開設しました
ぜひ立ち読みください!
ブリックス株式会社

http://www.j-brix.co.jp/publication/

この記事へのトラックバック