図解 儲けの秘密 100のカラクリ





表紙に勝間さんが載っていたので買ったというところがありますが、
勝間さんが出てくるのは最初の方の4ページだけ。

全体としては、
こういう商売もあるんだなぁ、
という感じで、
世の中の勉強として読みました。

自分ですぐに実践できそうなアイデアは、
特にありませんでした。

雑誌のような本だと思うので、
内容の鮮度は徐々に失われていくと思います。


引用は勝間さんのインタビューより。

Q では、具体的に勝間さんが考える今後成功しそうなビジネスなどはありますか?

A これからは、「すでにあるものの最適化」だと考えています。
p3



Q では、ビジネスで儲けを出すために、必要なことは何でしょうか

A 経営者であれば、まず自分で直接儲けを出してみるという経験を積むことです。社員がもらう給与というのは、ビジネスの仕組みの中では「コスト」の一種。企業が利潤を出すために、許容範囲で金額を決めているに過ぎません。
私はアフィリエイトなんかが手軽にできていいんじゃないかと思うんですが、自分で考え、動き、直接お金を稼ぐ。この「儲けの感覚」と「コスト感覚」を体得している、こうしたビジネス力の高い人こそが成功を招くと思っています。
p5




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック