レバレッジ・リーデング 本田直之  東洋経済

レバレッジシリーズの読書編。


内容をごく短くまとめると、

ビジネス書をたくさん読んで、
書いてあることを参考にすると、
良い。


ということだと思う。


それで最近私も、
本書を参考にして、
ビジネス書を読むようにしている。


そして本書にあるように、
読んだ本について「レバレッジメモ」なるものを作る、
ということも、
やってみている。


レバレッジメモとは要するに、
読んだ本の自分なりのダイジェストで、
ここは使える!
と思ったことや、
読んでいるときにわいてきたアイディア、
などをまとめたものことだと思う。


それで、
読み終わった本は捨ててしまっても、
そのレバレッジメモを何度も読み返して、自分の血肉と化してしまえば、
1500円前後のビジネス書が、
値段の何倍何十倍の価値を生むかもしれない!




ということだと思う。





レバレッジ・リーディング
東洋経済新報社
本田 直之

ユーザレビュー:
読むところは少ない中 ...
ビジネス書を読むべき ...
読書に金銭的価値を持 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"レバレッジ・リーデング 本田直之  東洋経済" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント