隣人祭り アタナーズ・ぺリファン 南谷桂子  ソトコト新書

隣人祭りとは、フランスから始まったムーブメントで、
サイト↓
隣人祭り日本支部によると、
隣人祭り」とは、同じ建物、同じ地域に暮らす人たち、働く人たちが、より良い人間関係を育むための「きっかけ」をつくる場。
と、いうこと。


普段は疎遠な近所の人で寄り合って、
何か食べたり飲んだりしながら、交流をはかろう、
というような取り組みだと思う。


まずは知り合って、
そこから何かが始まるかもしれないし、
始まらないかもしれないし、
しかし少なくとも、
その地域に住んでいることが、
ちょっと楽しくなる、
と。

よいことだなと思う。



しかし田舎では、
そういうことは普通に行われているのだと思ったり、
でも最近は田舎でも、
地域のつながりとかが希薄になっていて、
このような取り組みが必要になるのかもしれないと、
思ったりした。



とりあえず誰かがリーダーになって、
この日にみんなで集まってみましょうと、言い出してみたら、
そこから何か起こるかもしれない。


この本は、
隣人祭りのをフランスで始めた人(アタナーズ・ぺリファンさん)と、
日本にそれを持ち込んだ人(南谷桂子さん)によって書かれている。


読んでいると、
特にアターナーズ・ぺリファンさんの、
熱意、信念、行動力、人間的な魅力、
などが伝わってきて、
ちょっと胸が熱くなる。






隣人祭り (ソトコト新書 9)
木楽舎
アタナーズ ペリファン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"隣人祭り アタナーズ・ぺリファン 南谷桂子  ソトコト新書" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント