人は「暗示」で9割動く  内藤誼人  すばる舎

この著者の書く本のタイトルは、
いつもちょっと、
「悪」、
な感じを匂わせている。

なので、
本屋で買うときにちょっと抵抗がある。

しかし、読んでみるとその内容は、
そんなに「悪」ではない。

いたって普通だと思う。




笑顔やさわやかな挨拶で、心のバリケードをとく
p26

呼吸を合わせるだけで、一体感が増す
p27

人が嫌うのは高慢すぎる人間か、卑屈な人間
p38

声の大きさはその人間の積極性を暗示する
p39

話は短く、さっさとまとめること
p44

帰る時間を伝えておけば、引き止められずにすむ
p47


などなど。




これらのことは、多くの人がそんなに意思せずにやっていることだと思うし、
これらのことが意識せずに出来なかったら、
人間関係は、確かにつらいものになる気がする。


そういう私は、
こういう本を読んで勉強しないといけない(人間関係が上手じゃない)人間だと、自分のことを思っているので、
読むわけである。




この著者の本をたくさん読んだら、すごい「悪人」になりそうだけど、
実際の効果としては、
心がちょっと軽くなるかな、
という程度だと思う。

まあ、
それが重要なんだけど。






人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術
すばる舎
内藤 誼人

ユーザレビュー:
人の思考のクセを活用 ...
暗示いわゆる催眠術の ...
書名だけで「暗示」さ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"人は「暗示」で9割動く  内藤誼人  すばる舎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント