クラウドハックス 小山龍介 東洋経済





クラウドとその活用について知るにはよい本だと思いました。

Dropboxというファイルをクラウド上で管理できるサービスや、
写真をクラウド上で管理するのに役立つ
Eyi-Fiという道具など、

実際に使えそうなものがたくさん載っています。


それから、
前半で紹介されたサービスや道具を実際に使って、
個人やチームでの生産性を上げる工夫についても、
参考になります。


後半で印象に残った部分。

外に出て専門家の話を聞き、そして現場に言って文化人類学のように観察を行う、ここからイノベーションが生まれる p101

今、この瞬間に集中するためにも、過去はアーカイブして頭の中から消し、未来はデザインしった上でスケジュールに記入して忘れるようにします。
p145


なぜ全体をイメージすると、アイディアが生まれるのでしょうか?物語が描けるのでしょうか?それはイメージ思考がロジカルシンキングと違って、ものごとを分解せず、逆に一見、異なるように見えたものの中に共通性を見つけ、つなげていく思考だからです。p213

全体のイメージを受け取って判断するためには、無意識の領域にどれだけ情報を持っているかが重要になる。たくさん本物を見ていれば、その無意識の領域に情報が蓄積され、絵を見たときに直感的に判断ができるようになるのです。p216




"クラウドハックス 小山龍介 東洋経済" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント