Twitter使いこなし術  アスキー新書 根岸智幸

新書のツイッターの入門書。


Twitter使いこなし術 パワーユーザー100人の「技」を公開 (アスキー新書)
アスキー・メディアワークス
根岸 智幸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Twitter使いこなし術 パワーユーザー100人の「技」を公開 (アスキー新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



今ならアマゾンでも100円か200百円くらいで
古本があると思います。

ネットのこととか、
ネット上のサービスのこととかについて書かれた新書は、
内容が古くなるのが早いと思うので、
古本もすぐに値下がりするのだと思います。



そしてこの本は、
ツイッターの入門書としてはよくまとまっている本だと思います。

もちろん、
ツイッターのサイトも改善されてきているので、
この本の書かれた2010年のはじめのころの操作方法とは、
少し違う部分もあります。

しかし、
本書のなかでツイッターの魅力として書かれている部分は、
今も変わっていないと思うので、
そこを抜粋しておきます。

 あなたがもし、自分にぴったりのタイムラインを構築できれば、自然とタイムラインはあなたのほしい情報であふれかえるはずだ。そのためには、自分を同じ趣味の人、自分と同じような仕事をしている人、自分と同じ会社に勤めている人、自分と近い地域に住む人、自分と似た家族構成などなど、自分となんらかの共通点をもつ人を見つけてフォローしていけばいい。それぞれの分野で最低10人ぐらいいると、その集まり(クラスタ)は、情報を発信するメディアとなる。人数だけっでなく、発信力のある人や相づちが上手な人、突っ込み上手な人がいるとより盛り上がる。お互いに情報を流通させるのが楽しくなり、有益な情報や楽しい話題が飛び交うようになる。もはやそれは、あなたが作り上げた、あなただけの特別なメディアだ。ツイッターの面白さにハマった人が夢中になる、一番の理由はそこだ。
 タイムラインはひとりひとり、それぞれに異なる。もしツイッターがつまらない、やってみたけど面白さがわからないという人がいるなら、それはタイムラインの作り方、つまりフォローすべき相手を間違っているということなのだ。
p136


要するに、
誰をフォローするかが大切だ、
ということですね。




"Twitter使いこなし術  アスキー新書 根岸智幸" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント