Web文章上達ハンドブック  森屋義男


Web文章上達ハンドブック―良いテキストを書くための30ヵ条
日本エディタースクール出版部
森屋 義男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Web文章上達ハンドブック―良いテキストを書くための30ヵ条 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログの文章などを、
少しでも上達させたいなと思って、
読んでみた。

Web上で何かしらの文章表現を行うときには、
ライターとしての視点と、エディターとしての視点の両方を意識することが、
必要であるということがわかった。


ライターとしての視点は、

ライターの10カ条

①読者をリアルにイメージする
②ネタと結論を明確に
③最初のつかみが大切
④ニュースは重要なことから書く
⑤データで文章の信頼性アップ
⑥好きなテーマでも客観的に
⑦記憶や思い込みは危険!
⑧難解な表現は知的水準が低い?
⑨取材はアンケートに終わらせない
⑩締め切り
p30



そして、
エディターとしての視点は、

エディターの10カ条

①原稿はあくまで素材
②掲載責任を忘れずに
③素材を料理して商品に仕立てる
④エディターは一番目の読者
⑤意味不明は残さない
⑥「おっ」と思わせるタイトルを
⑦文章に最適なデザインを考える
⑧校正は「商品」を送り出す仕上げの工程
⑨校正には「文字」と「意味」の両面ある
⑩ビジュアルもしっかり確認
p62



と、
簡潔にまとめて書かれていたので、
そのあたりのことを意識してみようと思った。


"Web文章上達ハンドブック  森屋義男" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント