ラクをしないと成果は出ない  日垣隆


ラクをしないと成果は出ない
大和書房
日垣 隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラクをしないと成果は出ない の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「ラクをする」というのは、
「手を抜く」とか、
そういう意味ではなかった。

新しい分野を開拓するには書棚一本分の本を読む必要がある、
とか、
ぜんぜんラクじゃない。

この本は近道を教えてくれるわけではなく、
そこに至るまでの直線コースを教えてくれる本。

しかし直線なので、
結局一番近いのかも知れない。


特に参考になったと思う章のタイトルと、
一部の本文を抜粋しておく。


ゴールを必ずイメージしてから仕事に取り掛かるp18

気になったら、まず買うp30

興味がわいたことは講義やセミナーに出て、全体像と情報減を一気に押さえるp46

「300冊本を読めば、どんな人だって本がかける」
あるインタビューでこう答えていたのは、数理経済学者の浅田彰さんです。p48

発行部数数千部のメルマガや専門誌や白書にたくさん目を通すp54

クレームは、成長に不可欠なもの(一割)と、無駄(九割)に分かれるp92

イギリスの歴史学者C・N・パーキンソンは、「パーキンソンの法則」(邦訳:至誠堂)という本のなかでこんなことを述べています。
《仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する》
p97

何を言っても必ずけちをつける上司がいたら、七対三の割合で相手に多くしゃべらせることです。七割もしゃべっていれば、自分で自分の矛盾に気づいて自爆してくれます。p101

資本主義の原則で言えば、何か物を作る、既製品に付加価値を加える、安いものを高く売る、このうち一つのスキルがあれば独立できます。しかし、究極的には「売るスキル」がないと、どのスキルも生かせません。
本当にいいと思うものがあったら、ネットでもフリーマーケットででも売ってみましょう。きっと見えくるものがあります。p105

独立したければ、「『いつまで』を明確にして問題を解決する習慣をつけたほうが省エネになる」という意識を、自分に対して徹底させましょう。p107

「やりたいこと」を周囲に話しておくp118

創造的な人ほど、素直に人の真似をします。p128

「急いでいない面倒なこと」は忘れやすいので、とくにメモしておく。p153

納期とお金の話は最初にするほうがスムーズになる時代です。p159

ノウハウはどんどん公開する
自分発のマニュアルを作ろう。p193

子どもができたら、「仕事で二十年後にブレイクする」準備を始めるp216

よほど親しい人以外にはプレゼントをしないp224

700円のジャージを着て、だらだらと居間でテレビを見ている大人を見て「大きくなったら、ああなりたい」と思う子どもはどこにもいません。p231



"ラクをしないと成果は出ない  日垣隆" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント