千円札は拾うな  安田佳生  サンマーク出版

やや衝撃的な語り口と、 たとえ話の上手さが、 この本が売れた理由だと思う。 それで、 本書に書いてあることは、 千円札は拾うな、 というばかりでなく、 現在持っている千円札すらも捨てなさい、 ということ。 著者の場合、 千円どころか、 30億円でも捨てるのだそうだ。 新たな100億を手に入れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不機嫌な職場 高橋克徳他 講談社現代新書

「なぜ社員同士で協力ができないのか?」 それは、 リストラが進んで一人当たりの仕事量がふえ、 (→自分のことでいっぱいいっぱい。) 蛸壺化した職場では、そもそも他者の協力が得られにくく、 (→手伝おうにもわからない。) 協力して何かを成し遂げたという経験も不足していて、 (→小さいころからの成長過程にお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非常識な成功法則 神田昌典 フォレスト出版

「成功は悪の感情から生まれる」 と本書には書いてあるけど、 実際のところは、 自分の欲望に正直なほうが、エネルギーが沸き起こってくる、 ということだろうと思う。 社会的に正しい行動をしたい、 という理由よりも、 お金を稼いで贅沢したい、 という理由、 もしくは、 お金を稼いでやりたいことをしている自分を夢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイデアハック!今日スグ役立つ仕事のコツと習慣 小山龍介 原尻淳一 東洋経済

ハックシリーズ。 労働生産性を高めるための小技集。 残業時間を減らし、 なおかつ仕事量を増やしたい、 と思ったので、 こういう本も本でいる。 本書には、 思いついたアイディアを記録しておく方法、 スケジュール管理、時間の有効活用のコツ、 情報整理のコツ、 アイディアを生み出すために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レバレッジ・リーデング 本田直之  東洋経済

レバレッジシリーズの読書編。 内容をごく短くまとめると、 ビジネス書をたくさん読んで、 書いてあることを参考にすると、 良い。 ということだと思う。 それで最近私も、 本書を参考にして、 ビジネス書を読むようにしている。 そして本書にあるように、 読んだ本について「レバレッジメモ」なる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法 勝間和代 ディスカバー

最近流行の勉強本と、 最近流行の勝間さん。 勉強は意思に頼らず仕組みを整える、 ということが、 勝間さんのいうことのポイントだろうと思いますが、 この本に書かれている細かな仕組みだけでなくて、 勝間さんの書かれた本を読むと、 やる気が出てくるので好きです。 私の年収も、 いつか10倍になるんじゃないかと、 ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続ける技術 石田淳 フォレスト出版

行動科学マネジメントを使って、物事を継続するための技術が書かれている。 目的とした行動を増やすには、 まず、とりたい行動を分析して、 その障害となるものを取り除き、 それを促進するものを増やし、 上手に動機付けすること、 だと思った。 たとえば、ジョギングを続けたかったら、 トレーニングウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more