テーマ:文章術

「言葉にできる」は武器になる。 梅田 悟司

この本より。 自分自身を把握すること ある出来事が起きた時に、どのような内なる言葉が生まれ、どのように物事を捉え、考えが進んでいくのかを、自分自身が把握するp38 人を動かす方法 人を動かすことは不可能であり、動きたい気分や空気をつくることしかないと胸に刻むことである。p50 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いちばんわかりやすい電子書籍の本 山本高樹、 栗原亮

電子書籍の読み方から、 書き方、作り方、 そして売り方まで。 基本的なことを知るには良い本だと思いました。 それにプラスして、 電子書籍を書いてみたいという気持ちを、 後押ししてくれるような記述もあります。 本文19頁より抜粋。 本とは、単に売れればそれでいいというものではありません。世の中には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

購買心理をそそるネットコミュニケーション&ライティングの技術 藤田幸江 平野栄

ネットコミュニケーション&ライティングの技術 (アスカビジネス) ネットで文章を書くときのコツが書かれている。 2005年発行の本で、 アマゾンでは一円。 内容もそれなりで、 すでに多くの人が実行していることだろうと思います。 そうは言っても、 私くらいのレベルだと、 参考になるところは十分あります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書くことが思いつかない人のために文章教室 近藤勝重

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)幻冬舎 近藤 勝重 Amazonアソシエイト by コラムにストの人が書いた、 文章術の本。 タイトルからは、 書くネタを見つけるための方法についてかかれている感じがするけど、 そのような内容の部分はそれほど多くない。 その秘訣は、 本の帯に書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考える技術・書く技術 板坂元

考える技術・書く技術 (講談社現代新書 327)講談社 板坂 元 Amazonアソシエイト by この手の本の古典だな。 今読んでも十分役に立つと思う。 だから古典なんだろうけど。 それ以外に、 本書はその文章自体も面白い。 著者の用いるたとえ話や表現が、 実用書らしからぬセンスなのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人のための文章法 和田秀樹

大人のための文章法 (角川oneテーマ21)角川書店 和田 秀樹 Amazonアソシエイト by 基本的な文章術や文章力アップのための訓練法と、 精神科医らしく、 自分を見つめることと文章を書くことの関係が述べられている。 たとえば、 いわゆるメタ認知力に長けている人が、読み手にとってもわかりやすい優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Web文章上達ハンドブック  森屋義男

Web文章上達ハンドブック―良いテキストを書くための30ヵ条日本エディタースクール出版部 森屋 義男 Amazonアソシエイト by ブログの文章などを、 少しでも上達させたいなと思って、 読んでみた。 Web上で何かしらの文章表現を行うときには、 ライターとしての視点と、エディターとしての視点の両方を意識す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

売り上げがドカンと上がるキャッチコピーの作り方 日経ビジネス人文庫 竹内謙礼

キャッチコピーについて、 基本的なことがまとめられた本だと思う。 ネットショップなどをやっている個人や、 個人でものを売っている人には、 参考になる部分があるのではないかと思った。 本書に書かれているような、 テクニックの部分も大切だとは思うが、 最も重要なところは、 友達、恋人、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たった1行で「アピールする」技術 中山マコト 知的生きかた文庫

たった1行で「アピールする」技術―報告書、礼状、メール…「人の心を動かす」簡単な方法 (知的生きかた文庫)三笠書房 中山 マコト Amazonアソシエイト by 結論をはじめに書く、 など、 わかりやすい文章を書く上での、 基本的な技術について書かれていると思います。 文庫なのですぐに読めます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おとなの小論文教室  山田ズーニー  河出文庫    自己を表現する動機

おとなの小論文教室。 (河出文庫)河出書房新社 山田 ズーニー ユーザレビュー:頭をカナヅチで殴られ ...書く力はコミュニケー ...「想い」を「他人」と ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ あなたの言葉が聞きたい。 と、 始まる本書。 しかし、 この著者の別の本↓ 伝わる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more