テーマ:新書

「心の時代に」モノを売る方法 小阪 裕司

この本より。 「心の時代に」モノを売る方法と、 新興宗教の教祖が信者を集める方法って、 似ているような気がした。 本書より抜粋。 現代の消費者が喜んでお金を払う「価値」がある。 その「価値」を重視する消費者は年々増加し、それに該当する商品やサービスは、がぜんお金を支払いたいものとなる。 その「価値」とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物を売るバカ売れない時代の新しい商品の売り方  川上 徹也

別に商売をしているわけではないですが。 物が売れるということはどういうことかと、 ちょっと考えてみたかったので読んでみた。 物が売れるためには、そのための物語が必要、 ということが書かれています。 参考になったと思うところ。 「売り上げを増やすために価格を引き下げてはいけない。消費者は安売りされた商品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2022年これから10年活躍できる人の条件 神田昌典

神田氏による近未来予測と、 予測された未来への対処法が書かれている。 重要なことは―歴史とは、ランダムな出来事の連続により創られるのではなく、同じパターンの物語の繰り返しにより創られているという認識だ。p29 世代循環による歴史サイクルを踏まえると、今後三年~五年以内に予想外の出来事がいつ起こってもおかしくない。p…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジカメに1000万画素はいらない たくき よしみつ

数年前の本で、 読んだのも数年前だけど、 今でもこの本の知識を基準にカメラを選び、 写真を撮影している。 誰かを感動させるほどの写真は取れないけど、 自分の中で、ちょっと上手に撮れたな、と思えるくらいには、 上達すると思う。 本書より、 参考になったと思うところ。 コンパクトデジカメを選択す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情報の呼吸法 津田大介

情報の呼吸法 (アイデアインク)朝日出版社 津田 大介 Amazonアソシエイト by 値段の高い新書だなと思う。 本の内容の中心は、 津田大介さんがこれまでにやってきたことのまとめと、 ツイッターを利用することの利点、 ソーシャルキャピタルとは何か、ネットを活用てソーシャルキャピタルを増やすにはどうしたらよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる! 吉岡利貢

毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる! 月間たった80㎞で2時間46分! 超効率的トレーニング法 (ソフトバンク新書)ソフトバンククリエイティブ 吉岡 利貢 Amazonアソシエイト by マラソンの練習をするのには、 単に長い距離を走ればよいわけでもないよ、 ということが書いてある本。 私個人としても…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

書くことが思いつかない人のために文章教室 近藤勝重

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)幻冬舎 近藤 勝重 Amazonアソシエイト by コラムにストの人が書いた、 文章術の本。 タイトルからは、 書くネタを見つけるための方法についてかかれている感じがするけど、 そのような内容の部分はそれほど多くない。 その秘訣は、 本の帯に書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソン100回の知恵 原章二

マラソン100回の知恵―サブフォーをめざす市民ランナーへ (平凡社新書)平凡社 原 章二 Amazonアソシエイト by 市民ランナー向けのマラソン練習法と、 走ることに関するエッセイの本。 著者が哲学者であるというところで、 走ることに関する読み物としても、 面白かった。 参考になったところ、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キュレーションの時代 

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)筑摩書房 佐々木 俊尚 Amazonアソシエイト by 情報の流通という面から、 社会の現状と今後を読み解こうとする本。 結局は、人なんだよp90 という言葉が、 本書のひとつの主題だろうと思います。 「人」には、 「作る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソンは毎日走っても完走できない 小出義雄

マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書)角川SSコミュニケーションズ 小出 義雄 Amazonアソシエイト by インターバルトレーニングなど、 足に負荷をかける練習を取り入れることを薦めている。 レースで結果を出すための練習方法だと思う。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

SNS的仕事術 鶴野充茂

SNS的仕事術 ソーシャル・ネットワーキングで働き方を変える! [ソフトバンク新書]ソフトバンククリエイティブ 鶴野 充茂 Amazonアソシエイト by かなり前の読んだ本だけど、 読んだことを忘れていてもう一度読んでしまった。 しかしそのおかげで、 SNS的というものについて、 理解が進んだ気がした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニングの作法 ゼロからフルマラソンを完走を目指す75の知恵 中野ジェームズ修一

ランニングの作法 ゼロからフルマラソン完走を目指す75の知恵 (ソフトバンク新書)ソフトバンククリエイティブ 中野 ジェームズ 修一 Amazonアソシエイト by ランニングの入門書。 ランニングについて、 誰かにちょっとしたアドバイスをしたり、 練習方法について相談したりする機会がたまにあるので、 自分の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考える技術・書く技術 板坂元

考える技術・書く技術 (講談社現代新書 327)講談社 板坂 元 Amazonアソシエイト by この手の本の古典だな。 今読んでも十分役に立つと思う。 だから古典なんだろうけど。 それ以外に、 本書はその文章自体も面白い。 著者の用いるたとえ話や表現が、 実用書らしからぬセンスなのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人のための文章法 和田秀樹

大人のための文章法 (角川oneテーマ21)角川書店 和田 秀樹 Amazonアソシエイト by 基本的な文章術や文章力アップのための訓練法と、 精神科医らしく、 自分を見つめることと文章を書くことの関係が述べられている。 たとえば、 いわゆるメタ認知力に長けている人が、読み手にとってもわかりやすい優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グーグル最新検索術 アスキー・ドットPC編集部 

快適デジタルライフ グーグル最新検索術 (アスキー新書)アスキー Amazonアソシエイト by 2007年の本なので、 もちろん最新ではない。 いまだと基本書として読めるかな。 古本なら1円からあるようなので。 本書にある中では、 グーグルの掲示板、グーグルグループと、 グーグルノートブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紙とネットのハイブリッド仕事術 

紙とネットのハイブリッド仕事術 (ソフトバンク新書)ソフトバンククリエイティブ ビジネススキル向上委員会 Amazonアソシエイト by ビジネスシーンで使うと便利そうなサイトの紹介がメイン。 2009年の本なので、 紹介されているサイトはすでに定番のものもあると思う。 いまだとこの本を読まなくても…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

仕事するのにオフィスはいらない  佐々木 俊尚

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)光文社 佐々木 俊尚 Amazonアソシエイト by オフィスなしで働くとはどういうことなのか、 オフィスなしで働くにはどうしたらよいのか、 ということが書かれている本。 2009年の本なので、 紹介されているサイトやツールは、 当時からあるものです。 紹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末起業サバイバル (ちくま新書 811)筑摩書房 藤井 孝一 Amazonアソシエイト by まず本書の抜粋から。 ”かつて、起業は憧れでした。今は、むしろ招かれざる客、突然やってくる「赤紙」「召集令状」のようなものです。「起業するか否か」を選ぶ権利は、働く側には無いのです。サラリーマンにとって、起業はもはや夢の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ウェブで学ぶ オープンンエデュケイションと知の革命 梅田望夫 飯吉透

ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命 (ちくま新書)筑摩書房 梅田望夫 Amazonアソシエイト by 梅田氏の新書はだいたい読んでいる。 読むと元気が出る気がする。 それはどの本にも、 学ぶ、努力する、 というようなことが、 とても肯定的に捕らえられていて、 そこにウェブなどの新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Facebook使いこなし術 根岸智幸

facebook使いこなし術 パワーユーザーが明かす「楽しむ秘訣」 (アスキー新書)アスキー・メディアワークス 根岸智幸 Amazonアソシエイト by フェイスブック入門としては、 良い本だと思う。 私としては3年前くらいに、 フェイスブックは登録だけしてあったけど、 最近までほとんど使っていなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソーシャルメディア完全読本 

新ソーシャルメディア完全読本 フェイスブック、グルーポン・・・これからの向きあい方 (アスキー新書)アスキー・メディアワークス 斉藤徹 Amazonアソシエイト by ソーシャルメディアとはどんなものなのか、 ということを大まかに知りたくて、 読んだ本。 フェイスブックをはじめとするソーシャルメディアの具体例か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、歩くと脳は老いにくいのか  久恒辰博

なぜ、歩くと脳は老いにくいのか (PHPサイエンス・ワールド新書)PHP研究所 久恒 辰博 Amazonアソシエイト by 運動と脳の健康に関する知識が、 手軽に得られる本。 大切なことは、 「はじめに」の部分にほとんど出てしまっているので、 そこだけ読んで、 実行すればよいのかもしれない。 いわく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

USTREAM世界を変えるネット生中継 川井拓也

USTREAM 世界を変えるネット生中継 (ソフトバンク新書)ソフトバンククリエイティブ 川井 拓也 Amazonアソシエイト by 去年の本なのに、 内容に少し古さを感じるのは、 この分野の成長の早さのせいだろうと思う。 最新ではないと思うけど、 ユーストリームはどういうものかということから、 見方、ライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚異の一分間コアトレーニング  白木仁

驚異の1分間コアトレーニング (学研新書)学習研究社 白木仁 Amazonアソシエイト by 簡単にできて効果がありそうなトレーニングだと思った。 中心は、 「腰割り」という、 股関節周りの筋肉のトレーニング。 相撲の四股のように、 つま先と膝を開き、 すねと上体が垂直になるようにして、 腰を下げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯と脳の最新科学 堀準一 朝日新書

東大生の歯医者さんが教える 歯と脳の最新科学 (朝日新書)朝日新聞出版 堀 凖一 Amazonアソシエイト by 歯医者さんの友人がいるので、 読んでみた。 歯医者さんの友人と一杯飲むと、 どうしても歯の話になるので、 その話についていけるように。 本書は、 タイトルにあるような「最新科学」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目立つ力 勝間和代

目立つ力 (小学館101新書 49)小学館 勝間 和代 Amazonアソシエイト by ブログを書くことの勧めと、 ブログの書き方、 ブログを書くときの心構え、 などについて書かれた本だと思いました。 その手の入門書としては、 コンパクトで良書だと思います。 本書にある「目立つ力」とは、 要約し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Twitter使いこなし術  アスキー新書 根岸智幸

新書のツイッターの入門書。 Twitter使いこなし術 パワーユーザー100人の「技」を公開 (アスキー新書)アスキー・メディアワークス 根岸 智幸 Amazonアソシエイト by 今ならアマゾンでも100円か200百円くらいで 古本があると思います。 ネットのこととか、 ネット上のサービスのこととかにつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康常識にだまされるな! 誰もおしえてくれなかった「通説」のウソ・ホント 井上健二 工藤一彦

健康常識にだまされるな! 誰もおしえてくれなかった「通説」のウソ・ホント 井上健二 工藤一彦 雑学的な感覚で、 健康知識が得られる本。 本の内容を一部見てみると、 大腸の表面はつるつるしているので、宿便といわれるようなものは無い、 とか、 血液のPHは食べ物に左右されない、 とか、 コラーゲンを食べて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェブで儲ける人と損する人の法則  中川淳一郎 ベスト新書

ウェブで儲ける人と損する人の法則ベストセラーズ 中川 淳一郎 Amazonアソシエイト by ウェブで儲ける人と損する人については、 一番最後のあたりにまとめてありました。 いわく、 ネットで儲ける人と損する人には法則がある。 ネットの原理 「クリックしてもらわなくては意味がない」を理解する人は儲けること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白いほど成功するツキの大原則  西田文郎  三笠書房

ツキの大原則―面白いほど成功する 努力が「すぐ報われる人」のマル秘ノウハウ (知的生きかた文庫)三笠書房 西田 文郎 ユーザレビュー:ツキを呼び込むには原 ...最も力強く感じた本私 ...「お金持ちはお金持ち ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 面白かったです。 少し胡散臭そうなタイトルだとは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more