テーマ:町おこし

実践! 田舎力―小さくても経済が回る5つの方法 金丸 弘美 (著)

田舎で、小さな経済を回すことに成功している、 あるいは、 ある程度大きな経済にまで手が届いている事例が、 紹介されている本。 私が自身が、 田舎で小さな経済を回そうとしているわけではないけれど、 私の周りにも小さな経済を回そうとしている人が何人かいるので、 そういう人に協力できたらなとは思う。 地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティデザインの時代 - 自分たちで「まち」をつくる 山崎 亮

コミュニティデザインというと新しい感じがするけど、 ようするに、 「まちおこしみ」たいなことかな。 あるいは、 地域の活性化の手法。 いままでと違う部分というのは、 建物を立てたりイベントをしたりということよりも、 人と人とのつながりを作るといういことが強調されているところだと思う。 本書より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソーシャルデザイン―社会をつくるグッドアイデア集 グリーンズ編

ソーシャルデザイン (アイデアインク)朝日出版社 Amazonアソシエイト by 「社会を変えた伝説のアイデア」が紹介されている。 元になっているサイトは、 グリーンズ。 この本にあるようなアイデアが実行できるようになった理由について、 本書より抜粋。 ソーシャルメディアが浸透して個人と個人の結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域資源活用の売れる商品づくり 

地域資源活用の売れる商品づくり同友館 Amazonアソシエイト by 地元に貢献できることは何かできないかなと、 考えていた時に読んだ。 マーケティング的な話は類書が多いと思うけど、 事例の紹介がたくさんあるので、 参考になると思った。 本書より参考になったと思うところ。 国の制度など。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田舎力  ヒト・夢・カネが集まる5つの法則  金丸弘美

田舎力―ヒト・夢・カネが集まる5つの法則 (生活人新書)日本放送出版協会 金丸 弘美 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ この本を読んでためになった部分をいくつかあげてみる。 まず、 「田舎力」というタイトルを端的にあらわしていると思う部分。 ヨーロッパの田舎で行われている「グリーンツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘訣は官民一体 ひと皿200円の町おこし 五十嵐幸子 小学館新書

秘訣は官民一体 ひと皿200円の町おこし (小学館101新書 19) (小学館101新書)小学館 五十嵐 幸子 ユーザレビュー:宇都宮餃子の謎に迫る ...町おこしの教科書 - ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 「餃子で町おこし」 の過程が書かれている。 宇都宮餃子物語。 映画化できそうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more